​copyright © gagner.inc all right reserved.

ハートフルサマーフェスティバル後日談

December 4, 2019

 2019年8月26日に開催されたハートフル主催 サマーフェスティバル2019は、3000名を超える方々にご来場いただき、大盛況にて幕を閉じました。300名を超えるボランティアスッフの方々、本当にご協力ありがとうございました。

 

そのスタッフの方々からいただいた声の一部や写真をご紹介させていただきます。

 

 

前回に引き続きバルーンアートを出店させて頂きました!!

 

前回に引き続き、たくさんの子供達がバルーンをもらいに来てくれました。

バルーン作りたい!こんなの作って!とのリクエストがたくさんで、もらった後の笑顔はみんな最高でした!

この笑顔が見たくてバルーンをやっているので最高でした。

 

途切れる事なく来て頂いたので他のブースを見ることができなかったのですがゲストの方々の声を紹介します。

●去年、すごく楽しかったから今年も絶対に来たかった!

●来年も絶対に来るのでスタッフをやりたい!

●なぜ、こんなイベントができるの!?詳しく教えて!

●私もこのメンバーに加わりたい!

●夏休みの思い出が1つできました!

 

との声が多かったです。

イベント後にお友達の子供が描いた絵日記だそうです。

心から楽しかったんだろうなと思い絵日記を見て感動しました。

 

私自身、シングルマザーをしていますが夏休みの思い出を作ってあげることってお金もかかりますし、母だけで連れて行くのは本当に困難です。

現地ではスタッフの方と遊んでもらえたり美味しいものが食べられたり思い出に残る1日になったと思います。

 

来年もたくさんの笑顔を集めたいです!

今回初めてスタッフとして参加させていただきました。

自分は焼き場で焼きそば作りを担当しました。炎天下の中、鉄板の熱と焼肉の煙に包まれながらも愚痴や弱音を吐かず、どうすれば効率よく作れるかを常に考え、急ぎながらも味が変わることのないようにこだわりを持って笑顔で焼きそばを作り続ける皆さんの姿が印象的でした。

また、後片付けの早さにも驚きました。同じ方向を向き、同じだけの熱量を持った仲間たちが集まったときのパワーの凄まじさを感じました。この日この場所でしか体感できないことだと思いました。

今回のイベントを通して自分が感じたことをどんどん発信して、来年はもっと多くの人とこの空間を共有したいです。

ハートフルのイベントは初参加でしたが、一般参加者にとっても、ボランティアスタッフをしてくれていたメンバーにとっても全ての立場において満たされた1日になるイベントだったと思いました。

 

大阪からは今回、一般参加の方々を乗せたバスを用意して参戦させて頂きましたが、皆さんイベントのクオリティやスタッフの方々の温かさにとても感動していました。

 

私自身も子供達とその友達親子(シングル家庭)と一緒に楽しませて頂いておりましたが、スタッフの人達と子供達が海で遊んでもらっている姿を見ていた時にこんな事を言われました。

 

「私はこんな遊びはさせてあげられた事なかったから、、、。こんなに楽しそうな子供の笑顔、久々に見た気がする。本当に今日は誘ってくれてありがとう」

 

純粋に嬉しい気持ちになりましたし、「シングル家庭の子供たちに最高の夏休みを」と企画されているイベントとは聞いていましたが、まさに伝わっている事がそのままでイベントとしての満足度と完成度がかなり高いと思いました。

 

関西からバスを出す事を知った枦川さんからイベントの数日前お忙しい中ご連絡を頂き、バスに乗る子供達に少しでも楽しんでもらえる為のヒントを頂きながら、こうやって常に今一緒にいる人だけでなく、一緒にいない人(ハートフルのイベントに参加する顔も知らない子供達)のことまで常に想い巡らす事のできる人になると、巨大なグループになっていくんだなと再認識できました。

 

皆さんからの感想もたくさん読ませて頂いた中で感じた事は、私が枦川さんから教えて頂いた、商売において大切な事のうちの一つである「他人を喜ばせる事」を、ボランティアスタッフの人達は1日通してそれぞれが学ばせて頂くことのできた貴重な機会になったということでした。

今回のハートフルで

忘れない思い出を作ることができて本当によかったです。^_^

 

私は初めてボランティアスタッフとして参加させていただきました。全く知らないスタッフみんながお互いに協力しながら働き、また全国から集まったスタッフがお互いに交流ができて本当にいい経験になりました。

 

今回は知り合いの家族を招待しましたが、みんなすごいすごいと感動ばかりし続けてました。子供達も今年最高の思い出になったと喜びました!^_^

 

やはりギャグナーの全員の

思いやりがみんなに

伝わっていたと思います。

 

招待したが来られなかった友達らも来年は必ず行いたいと言われました^_^

 

来年はもっとたくさんの

方が参加して、枦川さんの思いが伝わったらいいなあと思っています。

 

本当にありがとうございました!

昨年から2回目のフェスでスタッフとして参加させてもらいました。

今年は、前日の夜に茅ヶ崎に一足先に到着し準備をさせてもらいました。

初めて暗闇での準備をしてみ、昨年前日から準備して下さった方の苦労を知り、去年の方に感謝が足りなかったなぁと思いました。

素晴らしい企画の裏には必ず、こういう人たちがいるという事をしみじみ感じました。

一番目立たない仕事ではありますが、そいう人たちもいて、大成功の企画になるんだと思います。

そういう意味でとても貴重な良い経験をさせてもらいました。

 

今年はオートブース担当で、スーパーカーやハーレーを見に来た子どもたちの笑顔は本当に最高でした。

皆んな、車やバイクを見て素直にカッコイイ!!って言うし、乗ってみたい!!!僕も将来こういう車に乗りたい!って言うところが、微笑ましく嬉しかったです。

この先、あの時に見たスーパーカーを大人になるまで忘れず、その子が実際にスーパーカーに乗って、それをまた次の世代に繋げるような世の中になったらいいのになぁと思いました。

 

本当にこのハートフルフェスは夢を広げる企画だと思います。その企画に関われていることが本当にありがたいです。

去年と比べて、参加した子どもと触れるという点でいうと今年の方が少なかったのですが、その分、全体の雰囲気を感じる事ができ、改めて参加者の人数、食事のクオリティの高さ、飲食の量、さまざまな企画のクオリティの高さこれが全て無料?!と改めて凄さを感じました。

 

枦川さんは、どういうことをする人が大変かを理解できる人なので、枦川さんが企画するものは、全力でやりたい気持ちになります。

そして、私は、枦川さんのような温かいリーダーになりたいです。

 

当日は、初めて参加したシングルマザーがこの企画をした枦川さんに挨拶をしたいということで、挨拶させてもらいました。

初めて会った人が、本当にこの企画は凄いし、これだけのボランティアが集まるって普通じゃない!枦川さんて本当に凄い!と言っていました。

 

皆んなで作り上げたハートフルフェス!本当に感動しました!あんなに疲れたのに、もう来年も絶対に参加すると決めている自分がいます。

皆さん、ありがとうございました

などなど、他にも200件を超える感想や写真が、開催から数か月経った今現在でも届き続けております。

全てをご紹介できないのが心苦しいですが、開催の実現には本当に多くの苦難や壁があり、実際に開催されたこと自体がボランティアスタッフ、およびご来場者様、賛同者様、皆様の支えがあったからこそです。

 

我々は今後も、継続的なシングルファミリーへの自立支援団体として活動の幅や質を高めていくことを掲げていきます。

 

今後ともハートフル、ギャグナーをどうぞよろしくお願いいたします。

Please reload

特集記事

ハートフルサマーフェスティバル2018 in 茅ヶ崎

August 22, 2018

1/2
Please reload

最新記事